炎症を起こした肌でも使えるファンデーションの選び方 肌にファンデーション成分が触れない処方になっ...

肌に優しいファンデーションを見分けるポイントとは?

炎症を起こした肌でも使えるファンデーションの選び方
肌にファンデーション成分が触れない処方になっているもの
ファンデーション成分は肌に直接触れると負担となってしまいます。ですから、肌へ触れないようにコーティングしてあるものを選ぶことが大事です。コーティングしているものであれば、炎症を起こした肌でも安心して使うことができます。
炎症を抑える成分が配合されているもの
ファンデーションをつけたときに炎症を悪化させないためにも、炎症を抑える成分が配合されているものがベストです。そうすれば、メイクしている間に炎症のケアも同時にできるので、悪化させる心配はありません。
外的刺激を軽減してくれるもの
肌が弱いということは、外的刺激に対しての抵抗力が弱いということになります。ですから、外的刺激を軽減してくれる成分が配合されているものや肌のバリア機能を高めてくれる成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。